最終巻狂想曲

昨日『鋼の錬金術師』の最終巻が発売された訳でして。
各書店スペースを拡大したり、いろいろ特典を付けたりして気合の入り方が半端ねぇです。自分の職場の最寄駅ナカの書店だとお店の正面に設置された『オススメコーナー』的な台がございまして。正面から見て向かって右半分がマンガのスペースになっているのですが、今までワン●ースとかジ●ンプ系が多かったのが全部追いやられて鋼一色になっておりました。心なし手書きのPOPとか、いつもより数が多かったです。店員さんの趣味なのか…?

自分の行ってる整体のセンセは
「僕の弟のバイトしてる本屋だとクリアファイルが特典に付くんですよー」
ほうほう。でも自分はいいんです。何もいらないです。仮に何か付いたってグリードさんが映っている確率は0に近いので。

整「(本名)さんの買ったとこは何か付きましたか?」
自「あ、何も付いてないですよーファイルとか貰っても、好きなキャラクターいないですし」
整「あ、キンブリーですか!
自「ど う し て そ う お も っ た

ちなみにこのセンセのお気に入りは
整「僕の大好きな大総統閣下は前の巻で死んじゃったし」
ラースでした。

この贅沢は言ってられないのでグリリンでも勿論構わないのですが、あくまで初代が好きな訳でして…でも、やっぱグリードさんの最期は泣けるなぁ。アニメ1期は予備知識なしで見て泣いて、2期は展開知ってても泣いた。
泣かすなよ、問題児のくせに。
[PR]

by inutogeboku | 2010-11-23 16:05 | 雑記