<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

白くて四角いアイツの話

先日、我が家のパソコンが遂に昇天なさいました。
見た目は半端に古いが、中身は最新というコンピュータおばあちゃんのようなヤツでした…愛着はあるが、使えないんじゃ仕方ありません、サクッと世代交代です。つか自分用に一台購入…これを期にメールアドレスも変えましょう。プロバイダどこにしようかなぁ。

今度のヤツはノートです。今まで使っていた据え置きタイプと比べると、薄いし、広いし、スッカスカです。
ちなみに色は真っ白です。つか店頭に白とシルバーしかなかった。店の姉ちゃん曰く「最近は白人気なんですよ~」…ふ~ん。まぁ、別にいいんですけど。汚れが目立ちそうなのが難点ですかね。汚さずに使えって話ですが。
しかし、もっと華やいだ色が流行らないのでしょうか←別に良くない人
GBAだって「アチャモオレンジ」という小粋な色が存在したんですから。

とりあえず、無線LANが整い次第、自分の巣に連れて行きます。


それから、自分の巣にいる、もうひとつの『白くて四角いヤツ』
Xbox360さんですが、コイツの凄まじい稼動音にアメリカを感じます。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-29 21:18 | 雑記

My world turns around him.

訳:アタシの世界はトウヤを中心に回ってるの
(Touyaと書くよりhimと書いた方がしっくりきたので、あえてhimです)

…自分は英語からっきしなので、当っているかは定かではありません。
ま、間違っていても気にしませんが。


最近、バカの一つ覚えみたく「マコトかわいい~マコトかわいい~」と友人にメールしまくっている者です。もう何をしてもカワイイですよ、このオカマ。
無条件に好きな諏訪部氏キャラ第一位は鋼のグリードさんで不動ですが、二位くらいにはグイグイきてます。誰がってオカマが。

もぉバカだっていいや、マコトかわいい~


病んでるって?今更っすよ、手遅れ手遅れ。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-28 20:44 | 【eM】

死亡筆記 最終的名字

漢字で書くとこうなるみたいです。デスノートThe Last Name…


【デスノートThe Last Name】


見てきました。23日に…結構前だなぁ。
公開中に複数回見たのは【コープスブライド】以来になります。

前編が不必要ヒロイン・詩織嬢が非業の死を遂げ、海砂の命が助かったところで終わりました。後編となる今作は詩織嬢の葬式からのスタートです。
とりあえず、このシーンでは受付をしていた男女の演技が恐ろしく下手だったことだけ言っておきます。

今回から海砂が本格的に話に絡んできますが、海砂に関しては映画の方が好きだったりします。戸田恵理佳ちゃんカワイイ。つか、アニメの海砂は声が高すぎる。性格も原作のは痛すぎて…好きな方には悪いのですが、自分は本当に原作の海砂が受け付けません、生理的に。

まぁ、なんというかキレイにまとまっていたと思います。
ヨツバ編とメロニア編をうまく省いたなと。しかし、清楚高田はあぁなるとは…こちらも映画の方が好きかも。そして出目川スマートすぎ。

松山Lを除けばレムが秀逸でした。
自分が今作で一番好きなのはレムが自分のデスノートにワタリとLの名前を書くシーンです。映像で見るとより劇的。
ウェディをアイバーが出なかったのが残念ですが、まぁ良しとしましょう。

月のキャラも前より『崇高』な感じになってましたね。設定年齢を原作より高くしていたのが、ここに来て実を結んだ感じでしょうか。ラストのキラとしての言葉も、原作の悪人オーラ全開ではなかったと思います。狂気に走ったというより、人間の業をひとりで背負おうとした…そんなスタンスかと。
説得力はありましたね。

そしてLに一言

命を粗末にしちゃいけません!!

ビックリしましたよ自分は。
この結末は明らかにL自身の変化がもたらしたモノだと思います。原作にショックを受けた人も納得いくのでは…?

…原作も読み返し、映画も前後編見て思うのは、やはりキラを否定はできないな、と。
実際、家族・友人・恋人が殺されて「無罪になっちゃいました」じゃ気が治まりませんよ。憎しみは憎しみしか生みません?だからって「はい、そうですか」で済ませられるかってんです。現実にキラが存在していたら、自分は典型的キラ支持派。
弱い者の鉄壁の守り、その力を行使して罪に問われることなく外に放たれた罪人を裁くものが現れたら。
口には出さずとも賛同し、神として崇めるものが現れるでしょう。
そんな人間のココロを実体化したのが月@キラではないかと思う訳です。生身の人間が演じていたから余計にそう思うのかもしれません。もしくはヨツバ&メロニア編をいれなかったからか。仮にこのふたつを入れていたら、もっと違う感想を持ったかもしれませんね。

でもLの方が好きなんだよなぁ。何このパラドックス。


そして今回も主題歌はレッチリです。関西ではペッパーズと言われているとか何とか。
自分は、今回の主題歌がえらく気に入ってしまいましてCD買いました。公開初日に初めて聞いてから11/22にシングルカットされるまで待ちましたよ(目当ての曲しかいらない人)。
仕事が終わって閉店ギリギリの店に駆け込み、目当ての1枚を探す―――って、なぁい!!発売日にないってぇのはどういう了見だおい。5~6軒ハシゴしても見当たらず(品切れだの、未入荷だの…)「原作はマンガだし、アニメもやってるからあるかな~」とダメ元で入ったアニ○イト………あるし、普通に。
いやぁ、アニ○イトはにわかファン(オタク)の味方ですなぁ。もうH○Vはダメです。
…自らの名誉のために言いますが、自分は洋楽も好きです。聞きます。普段から、普通に。

はい。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-27 21:23 | レビュー

死ぬのは構わない、だが

賭けには勝たせてもらう

昨日、ようやっと【eM】の2回目をクリア致しました。
半日かかりました…砦将戦をAM10:00から初めて終わったのがPM9:00。ホントに半日だよ。
今回のEDスチルはトウヤ&マコトverでした。とある分岐でスチルと見られるイベントが変化するのですが、どうやらこれが本筋っぽいです。つか、思いっきりこの3人で売り出していたのに、ゲーム始めて約3時間でトウヤ&マコトが離脱だなんて…なんて酷な話!
ちなみにタイトルに書いたのは謎の男@マコトのセリフになります。
一度クリアしていると、トウヤの気持ちもマコトの気持ちも分かっているので、切ないったらありゃしない。
トウヤのためなら、マコトは命を賭けられるんですね…

なんてカワイイんだ、この野ろ―――オカマめ!!

EDは何度見てもマコトが可愛くて困ってしまいます。
本当に、本当に、もう一度言うが、本当に
………トウヤが羨ましい
何嫌がってんだこの野郎ッ キー!ムキー!

あ、女性陣にも触れましょう。
自分はカリンよりユウキの方が好きです。彼女には頑張ってアツマをGETしてもらいたいですな。
ゴールデンハンマー教室に不覚にもウケてしまった…いや、これはアツマが言ったことだけど。

やっぱ自分はこのゲームが大好きです。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-26 21:52 | 【eM】

ホーリーナイトよぉ~

12月に発売されるらしいPS3版【eM】
しかし、あまりゲーム誌にはとりあげられておらず、12月の発売は難しいのではといらん心配。別にいつになっても構いませんが、『GENJI』も買う予定でして…でもPS3初体験は【eM】に捧げたいので――つかマコトに捧げたい――出来るだけお早めに願います。

実に勝手な想像だが、マコトは冬生まれだと思う。12月。
しかも16日とか微妙に覚え難い日付だと良い…自分には24日のイブよりも、マコトさんの生まれた日の方がホーリーナイトですよ。
あ~きっとマコトの作るケーキは美味いんだろうなぁ…ウェディングケーキばりに豪華なのもいいんですが、個人的にブッシュドノエルみたいなヤツの方が良かです。

ただ単にケーキを作るマコトを見てみたいだけどす。
エプロン付けてクリーム搾り出すとこなんか、最高にカワイイ―――



なんか疲れてます、今日
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-19 22:44 | 【eM】

本日は全国的に

午前9:00~11:00の間、簿記の検定が行われていた訳ですな。
一応、自分も受けましたよ?
受かる気は元々ありませんでしたが、とりあえず書けました…まぁ、不合格確定ですが。多分13点は取れてる、0点ではないな。

いや、自分こんなですけどね、一応それなりに悪あがきしたんですよ?
参考書買って、過去問題解いて、予想問題もやって…でもですね、そんな抵抗もする気が起きなくなる出来事があったんです。
自分は会社では管理部で、総務・経理には必要だということで今回、簿記3級を受けた訳なんですのよ。それなのに

「異動だよー」

部署異動が言い渡されてしまいましたとさ。
本番4日前に。
今度の部署は簿記関係ありません。なんですか、この仕打ち…今まで覚えた事み~んな飛びましたよ。真っ白でさぁ。


俺の脳ミソの空き容量返せってんだチキショー!!


終わったら映画でも見ようと思っていましたが、あまりの寒さに断念…親父殿が迎えに来てくれたので、そのまま家に帰りましたとさ。
しょうが湯が冷えた身に沁みます……
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-19 22:29 | 雑記

さくさくさくさく…

親子3人でテレビ神奈川の『sakusaku』にハマっております。
ことの発端は母の一言

「なんか変なヌイグルミがゲーム紹介してた」

このヌイグルミこそが今、母のハートをザイルに引っ掛けて放さない「白井ヴィンセント」氏。
母はこの何ともシュールなこの管理人が大のお気に入りで御座います。パッと見はカワイイ風、でも中身は全開で人間(しかもオッサン)な………いやいやいや、ヴィンセント氏はヴィンセント氏であって、他の何物でもありません。黒幕はいても中の人なんていないのである。

ないったら、ないのである!
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-14 20:17 | 雑記

♪東~上~線 東~上~線

分からない方は跡部様の『SHOOT DOWN』を聴いてください。

ごきげんよう。日商簿記3級の試験を今週末に控え、何もしていない者です。
まぁ、そんなことはどうでも良かです。
この一週間、何も出来ず更新も出来ず「あぁ、タダでさえ見ている人間が少ないのに、ますます人が遠のいていくよ」という、実生活と似たり寄ったりな状況になりつつなるブログです。

とりあえず、今更ながらテニスの王子様のOVAのvol.4を購入致しました。
そのレビューは追々するとして、自分がテニプリのOVAを買ったのは、このvol.4が初めてになります。
その理由は言わずもがなですよ。
えぇ、分かる人だけ蔑んでやってください。

甘んじてお受けいたします。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-13 20:44 | 雑記

網膜に焼き付ける勢いで

本日11月5日 赤羽会館にて

『跡部景吾2ndアルバム発売記念 諏訪部順一 トーク&握手会』に参加して参りました。
今回はそのレポートを…と思ってはいるのですが、自分イベント中はかなり浮き足立ってまして―――――まぁ、早い話あまり信用性の高いモノじゃないことだけ先に断っておきます。

会場の物販では商品1,500円以上買うと各種ポスターまたは跡部(様)パペットが付いてくるというシステムでした。自分も当然ゲットすべくCDを選んでいたのですが…1,290円、3,000円、3,300円と1,500円代の商品がありません

さすがに商魂逞しすぎやしませんか?

え、自分ですか?もちろんゲットですよ。2個。
忍足くんの『結晶』の通常版(他、数点)を買いました。「限定盤があるからいいかな~」とか思っていたのですが、やはりダメでした。欲には勝てない。

開場したので中へ。
会場である大講堂には跡部様のナンバーがエンドレス…跡部様ファンには至福の空間。自分の席を確認しに中を徘徊―――近ッ!!ある意味、真正面よりおいしい斜めからのアングルで拝める位置でした。

で、(色んな個所をはしょらせて頂きます)きましたよ。きたんですのよ!
中の人、改め諏訪部氏が!!「当り前じゃん」という茶々入れは無視いたします。諏訪部氏の右手には例の跡部パペットが…なんか気に入ってたようです。跡部パペットが諏訪部氏に耳打ちする様は非常に可愛らしかったです。これが齢34歳の男の所業か。

OVAの怪作オーディオコメンタリーについての裏話や、諏訪部氏の初イベント参加に関する思い出などを…某Xのイベントで(某の意味なし)、声優としてもまだ名前が売れておらず、いきなり歌も唄ったそうで。その当時はまだ世に出ていない曲だったので、登場してから唄っているときも、お客さんポカン顔だったそうです。このとき初めてサインねだられをして、このときのサインを持っている人がいたら、その人の家でライブをしても良いとのこと。

忍足くんからのメッセージも…「俺が赤羽でイベントしたらバカにしたクセに、お前も赤羽でやっとるやないか」と。そういや忍足くんのアルバムの発売イベントもここでやったんですよね。どう返しますか諏訪部氏?「赤羽っていい街ですよね」まぁ白々しい。 諏訪部氏から言わせると「忍足からじゃなくて木内くんからじゃん」―――現に木内氏はこのコメントを録り終わってブースから出てくるとき、満面の笑顔だったらしいです。すげぇ見たい。「あの一人っ子め」すみません、自分も一人っ子です。

肝心のアルバムについては、イベントのかなり後半になって初めて触れられました。
「跡部景吾が真剣に音楽に取り込んだらこんな感じ」
あえてキャラクター性は薄くしたようです。ネタ系を望んだ方もいるだろうけども、キャラを蔑ろにしたのではなく、跡部ならこれが出来るだろうとの意図です。結果はもちろんお聞きになった通りだと思います。
それと平行して跡部様の今後のメディア展開にも触れ…12月にまた何かCD出るようです。07年には氷帝からまた出るらしいです。滝か!?
あとファンには嬉しいので、ぜひとも実現して欲しいライブの話。大人の事情があるので、そう易々結果は出ないようですな。場所はどうだろう。やはりドーム?武道館?―――誰か児童館って言った…!いや、個人的にはありです。大ありです。児童館ツアー、ぜひ前向きな検討を。

ホントにこの人は跡部が好きなんだな、というのが分かります。
跡部様ファンは数多くいますが、一番愛しているのは他でもない彼なのでしょう。

で、鬼門です。握手会です。
何テンパってんだよ?とか言わないように。握手の「握」は「にぎる」って字なんだぞ!!
最前列なのが祟って、コメントを考える余裕もなく、プレゼントや手紙を手渡しできたので、持参した手紙を突きつけて「は、果たし状です」―――せめてもうちょっとボキャブラリーがあればもっと…―――諏訪部氏「しかと受け取りました」←にっこり
なんか、自分がすっごいちっぽけな存在に思えてきました。
「あ、お、んぁ――がんばってください、ウス」←すげぇキョドりながら
「ありがとー」
―――目の前でそんな風に笑うなっつーの!くしゃ~って笑うんですよ、くしゃ~って!!
カワイイっつーの!!!
これが齢34歳の男の所業か!?

あ、握手した感想としては、あまりゴツゴツした感じはしない手でした。男の人にしたら柔らかい印象です。
着ていたジャケットの色が濃いせいか、えらい色白さんに見えましたね。

(テンパってた割りに手の感触は覚えているあたりが痛い)


ひとりで行ったのですが、現地で声をかけた跡部様ファンのお方のお陰もあり一日楽しく過ごす事が出来ました。



―――明日から死事仕事です。
またいつもの日常に戻るのが、たまらなくツライ日曜の夜。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-05 21:29 | 感想

震えているのは 寒さのせいだろ

あまりにも肌が疲れていたので、フェイシャルエステを刊行。
美容院でもそうですが、他人にされるマッサージは気持ちがいいですね。

…オプションメニューにハンドケアがあったので、明日の跡部様との握手に備えてこれも実行。

痛い人極まりない。
そんなことは解りきってるので、口には出さないでおいて下さい。
いや、たくさんの方と握手をされる跡部様(つか諏訪部氏)ですので、せめて触り心地の良い手を…えぇ、顔は絶望的にアレなので。肌荒れうんぬんではなく、造詣からして。

さーて、これからファンレターでも書くとしますよ。
モノを贈るだなんて、そんな差し出がましい…マジメな話、自分にプレゼントを選ばせるとネタに走るので。去年の木内氏のライブでは杏仁豆腐の湯を始めとした嫌がらせにも近い入浴剤を贈りました。
それで多少こりて、今回は人畜無害にお手紙だけです。
しかし何を書けば良い?
アルバム収録曲に対して一曲一曲くどいレビューをつけて贈るという、虐めにも等しい怪文書をよこす訳にもいかず…FF10から知っているので、今更ファンレターというのも白々しい。
いっそのこと、今月のファミ通WaveDVDの感想でも書こうか。

こんなことなら、手紙の書き方の本でも買ってくるんだった。
誰か自分に当り障りの無いファンレターのご教授を。
[PR]

by inutogeboku | 2006-11-04 21:11 | 雑記