<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Going my うえぇ。。。

Waveを購入。
とりあえず見るつもりですが、実際は週末にゆっくり見ることになるかと思われます。
まぁ、いつものことですよ。

「まめごころ」が密かに楽しみになってきた今日この頃。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-30 22:33 | 雑記

そろそろネタ切れ…

母上と一緒に買い物に。
予定になかった服と靴買ってサイフが急激に軽くなった…が、後悔はしていない。してたまるかよ、と。
その分、当初の予定だった紅茶一式は買ってもらっちゃったからいっか。
アイスティーを作るんだぜ、と。

サムライモードのチケットも確保、割と良席っぽいので期待。
今回も比較的(電話が)繋がりやすかったかと。つかリバヒスが異常だった気もする…今回みたく劇場が大きいと取りやすいんですかね?まぁいいけど。
ワンダーボックス以来の瑞樹さん出演、楽しみだ。

大体、一年振りくらいです。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-29 20:05 | 雑記

ものぐさ は あほんだら に進化した

昨日買ったイマジンあにめを見てみる。
可愛すぎる。
イマジンかわいいよイマジン、やっぱ憑依体よかこっちだなと。
「リュウタローのひみつ」と「スーパードクター・モモ」がお気に入りです。

デネブキャンディ:ミルク味
甘さは砂糖とハチミツのダブルコンボ…甘ッ!
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-26 22:49 | 雑記

冬でもキリギリスであれ

その鉄塔に男たちはいるという / 青山円形劇場



前にも書いた気がするけど、あらすじをば


とある戦争中、慰問のために日本より駆り出された芸人5人組「コミックメン」。
しかし戦争に加担するようなネタを嫌って、座長を残し駐屯地から逃げ出してしまう。
身を隠すべく、森の中の鉄塔に住み着いた4人。
あと一週間乗り切れば戦争は終わり、日本に帰ることが出来る…というところに、
鉄塔の男たちの噂を聞き、脱走兵がやってきた。
5人での奇妙な共同生活が始まるが…

―以上、パンフレットより―



ちょっと気になったのは時代考証はいつぐらいなんだろうと。
戦争中という背景とコミックメン自体それとなく昭和の香りがするんですが、何と言うか彼らのやり取りは現代でも十分ありえるものだったので、時代背景が曖昧だったなぁと。

登場する人物は5人、切羽詰ったときの団体内における行動・考えの違いが面白かったです。
自分が一番共感したのは笹倉(演:上原健太)自分が同じ状況に置かれたら絶対に彼のようには出来ないでしょうけど、誰か一人は彼のような考えを持った人がいてくれたらと思います。必要ですって絶対。
自分に近いかもと思ったのは吉村(演:土屋裕一)怖いもんは怖いし、淋しいもんは淋しいし。若干へたれたトコロも…ま、ヘタレと言っても自分にくらべたら何倍もマシだけど。

ノリや演出はリバヒスの方が好みですけど、人に見とけ!と進めるのは鉄塔かと。小須田さんが素晴らしいですホント。
個人的にああいう終わり方に弱い。話の流れもそうだけど…DVDで1人で見たら多分泣く。



パンフの土屋氏デラ男前。
つか作中見せた土屋氏のオタク像がステレオタイプすぎて吹いた。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-26 21:25 | 感想

誰かがミサイル飛ばしてどうとか…

ARMSのついでに思い出したんだけど、昔『天地無用』もアニメやってなかったっけ?OPが山本リンダだったような、違ったような。何回かやったんだっけ??
とりあえず魎呼が好きだった。折笠さん最高。
あと鷲羽ちゃんも好きだった記憶がある…内容はよく覚えてないけど、鷲羽ちゃんは鷲羽ちゃんと言わないといけないような気がしたんだけど。

今見たら好きキャラ変わるかな…?



いや、魎呼だな。鷲羽ちゃんと魎呼。 魎呼!
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-25 21:13 | 雑記

アメェ━━ヽ(゚∀゚)/━━!!

↑の元ネタ分かった方、同じ曲歌えますね。

高校のとき友人の影響で『ARMS』が妙に好きだったんすよ。
いや今も好きな方。
絵ヅラは好き嫌いが分かれますが、読んでみると結構泣かせてくれます。友人から原作借りて家で涙目になってたのも良い思い出でさぁ。
ARMSってアニメもやってたんですが、最終回を見逃してしまい、当時
もの凄く後悔したものでした。で、数年越しにARMSの最終回をレンタルして見たんですが…最終回が総集編て斬新な番組構成ですな。

え、もしかしてこれって黒歴史?

でもヒロインがユーゴーだったので、一概に黒歴史とも言えない自分がいる…当時(今もだけど)涼とユーゴーを推してたっけなぁ。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-24 21:17 | 雑記

ドナルドには踊らされない

アップルパイだとか三角チョコパイだとか、
そんなモンいらないから、
ベーコンポテトパイを復活させてくれ!

…と、心の底から思うときがある。
久し振りにマックに入ったらメインで食べられるものが何もなかった...orz 
さすがにポテトだけは寂しすぎる。
ニーズはあると思うんだけどなぁ、コストの問題か?あとハッシュポテトもガチ―――全部イモだよ


100円マックで復活したら飽きるまで食うと決めている。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-22 19:56 | 雑記

白馬の王子様なんてしーんじてr

乗馬がしたい。
乗馬運動とかそういうのではなく、生きている馬に乗りたい。

…昨日、公園で馬を散歩させているヒトを見た(マジ)
馬っていうかミニポニー。
そこの公園はちょっと敷地があるので、これくらいの大きさの馬なら連れて歩いても差し障りないようです。



……………カワイイ



飼い主さんに触らせてもらいましたが、本当にカワイイです。
さすがにこの大きさじゃ大人は乗せられない(乗っても足が着いてしまって意味がないんだとか)けど、馬に対する憧れは募るわけです。

そういえばナイパニでも乗馬対決してましたね。
あのとき出てきた4頭ならヒビキが好みです。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-21 17:40 | 雑記

敵も味方も本能寺にあり。

リバースヒストリカ / 青山円形劇場



とりあえず、あらすじから…

『本能寺の変』をモチーフに自主制作映画を作ろうと、監督の中島・脚本の松浦を中心に、役者達がとある寂れた神社に集まった。
この映画に進退をかける中島は、強引にも人気俳優である弟の朋希を出演させる事を決める。
さらに祈祷師を呼んで映画の成功を祈願する力の入れようであったが、呼ばれたのは祈祷師ではなく霊媒師だった。
それを知った一同は、興味本位で明智光秀の霊を現代に蘇らせてしまう。
驚く一同をしり目に、容赦なく襲いかかる光秀!!
戦国武将には戦国武将で対抗するしかないという安易な発想で次々と武将を降臨させるが、事態は当たり前のごとく最悪に。

そんな中、『本能寺の変』の隠された真実が明かされていく…

―以上、パンフレットより―



で、内容に触れるより前に言いたいことが…
なんでコレに川上(演:長谷川哲朗)と津田(演:別紙慶一)が出てるんだ?
※川上と津田のコンビは『シークレットボックス』にも登場してます。
川上のキャラ大好きなんで嬉しかったんですが、乱用は関心しませんよ。そしてここでも津田は顔がリアルといじられるのか。

歴史を扱ったフィクションて面白いと思います。今の自分達にはどうしたって事実は分からないんですから、同じ文献を読んでも解釈は何通りあったって構わない訳で。いや、そんなことより何より現代に思ったより簡単に馴染んでいる武将の方達に軽く和む。
明智光秀、織田信長と続き降ろされた豊臣秀吉…依り代にされたのは松浦(演:佐野大樹)自分は世界史・日本史問わず歴史に弱く、某戦国なんちゃらの秀吉しかイメージになかった自分は軽く現実を見せられた気分でした。そうだよ、あんな大男秀吉じゃねぇ。
しかし今回は中島(演:森山栄治)にとっては散々な話、ってことでいいのでしょうか?映画が上手くいくことを祈っております。でなきゃ報われないっつーの!

浜崎(演:根本正勝)が無駄に美声な件。

リバヒス後日憚
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-19 23:22 | 感想

ヨッシーが怖かった

そういえば、実写版マリオのクッパやってるヒトってデニス・ホッパーだったな、とか思い出してみたり。



俺(の体調)は最初からクライマックスだぜ!
…なんだか、昨日から週末並みに疲れてるんですが。寝不足なんですかね?いや、どっちかっつーと眠りが浅いのかもしれない。ついでに言うとベッドのマットがもうダメだなコリャ。ダメです。低反発はダメです
こんな調子で土曜日は大丈夫かと。
「そういう体力はまた別なんだよ」
と職場の人間に言われましたが…マッサージ行ってみようかな?

19日:リバヒス観劇
26日:その鉄塔~観劇
27日:友人と上野で食事
29日:SEGAオンリーイベント

何だよこれ、休ませろよ…ちなみに28日に誘われていたライブは仕事の都合上辞退。検討中だったバンビーノも金銭面の節制のため断念。
その代わり、リバヒス&鉄塔でパンフやらDVDやら購入することは決定済み、あと電王のDVDとflashアニメをBOXで………明らかに今月中の節制は無理です。
ウラのためならいくらでも出せそうな自分が怖い。
[PR]

by inutogeboku | 2008-04-17 14:57 | 雑記