<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「ぷ。」が

ボーリングしてる人に見えるってのがあったよね。


ハピパニチケット確保でござる。
雨の中ローチケ前で20分強佇むデブス…都市伝説っぽいですね。おぅ、きもいきもい。今回は友人の分も含めて2枚キープ、自分の分はともかく頼まれてた分が取れないのは流石にイタダケナイ。
何はともあれ10周年には行けそうです。



生まれてこのかた27年間、TRPGというのに縁がなかったのですが最近になって『ゆっくりのクトゥルフTRPG』的な動画を見てちょっと興味を持ちました。
そういえば昔、スレイヤーズが大好きだったので手当たり次第文庫を買い漁って読んでたんですが、その中にスレイヤーズのTRPGがありました。当時、中坊だった自分はTRPGの存在を知らず「何この面白くないゲームブック」とすぐにクラスの子にあげてしまったんですが、あれはリプレイ集という物だったんですな。
今思うと惜しいことしたなぁ~なんて。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-30 14:29 | 雑記

擬似幕末絵巻るぅざぁしっくす弐

前回に引き続き、るざろく感想黄緑編です。あくまで個人的な感想や考察なので舞台の内容を思い出せるシロモノではござんせん。
例によって文章がキモいのは仕様です。キモくてごめんね。

・きょうとしゅごしょく、しんせんぐみダァー
言わずと知れた新撰組局長・近藤勇さんです。
我が母上は「近藤さん=ゴリラ」という印象しか持っておりません。母ちゃんそれイサミ違う、イサオや! このヒトも殿様ゲーム参加者です。しかもかなりノリノリで「一番と二番がせっぷーん」とか言ってますよ。当然、こんな愉快な局長も後半にはバッサバッサと人を斬るわけです。ただ、この人もあんまり人を斬るのが好きそうに見えないんですよねぇ。好きと言われても困りものですが。長州勢の残党狩りで新撰組と近藤さんの名前が認められてきた時にも土方さんに対して「あのままの方が良かったよ」的なことも言ってましたし(だからと言って殿様ゲームはどうなのよ?という気持ちもゼロじゃありませんがね)
なん申しますか「斬らなければ成し遂げられない事は承知しているが、人が死なないに越した事はない」というスタンスに思えて仕方ない。結核持ちの沖田や芹沢局長の件があるので、味方の生死に関しては特にシビアに成らざるを得ない。土方さんが奇策を持ち出すタイプなら、近藤さんは基本に忠実に組織の頭を潰すタイプと推測。
池田屋事件を乗り切った近藤さんも歴史の荒波に飲まれ、後に板橋刑場で斬首。享年35歳、満33歳没。わっしーより若くして生涯を終えるとか…首の行方は不明(密かに持ち帰って埋葬されたとされる首塚はある)

ちなみに近藤さんは関羽ファンらしい。

・しょうちくばい
みんな大好きばい野郎・宮部鼎蔵。鼎蔵で「ていぞう」と読みます。
俗に言う攘夷志士(多分)豪胆で懐の深いパッと見た感じ一番リーダーっぽい人。お医者さんの家庭だからか沖田との初対面の際、沖田が本調子でないことを見抜いてます。
池田屋事件の際、藤堂の額をカチ割った張本人。奮闘するも沖田との勝負の後、敗北を悟り自決―――わっしーの役どっちも死んじゃった…

関係ありませんが、wikiの宮部さんの項目が少なくて泣いた。

・弁当食べてねっ
あ、監督は生きてた。とことん弁当押し。この監督はもっと評価されるべき

・あいあむしゃあしょうさ☆
(羽織が)赤くて3倍早い男・藤堂平助。tutiの本領発揮と言わんばかりのウザカワキャラ。どうしてこうなった。ちなみにウィキペディアさんで調べてみると『藤堂の性格については、江戸っ子で有意の人材であり、経済に達し戟剣をよくする(学問においても武術においても秀でていた)』とあります。
ど う し て こ ん な ガ チ ホ モ に な っ た し
実際、新撰組内で男色は流行っていたそうですが、こいつはダメだろう。主に精神衛生上の面で。山南(森崎)さん逃げて超逃げてー
池田屋事件の折、吉田@山南さんが切腹して(実際は土方さんに切られて)死んだと知り新撰組を離脱。伊東甲子太郎という人と御陵衛士を結成。しかし慶応3年(1867年)11月18日、油小路にてかつて所属していた新撰組に斬られる。その遺体は残りの同志を誘き出すために2日間野晒しに…って芝居になってない部分が壮絶だなオイ!調べてゆっく…いや、ビックリです。
ガチホモ云々は置いておくとしても、山南さんのことを慕っていた様子ではあったし、山南さんには切腹する理由がない(本当にこれっぽっちもない)のもあって土方さんへの不信感が出ちゃったんだろうな、と。

こんなガチホm藤堂ですが、生存説もあるようです…!

・ラマはマチュピチュに帰れ。
桂小五郎、歴史的にも超有名攘夷志士。本名は木戸孝允、最初『孝允(たかよし)』が読めなかったよチクショウ。tutiの本領発揮と言わんばかりの男前…この桂さんと藤堂の二役は土方@坂本オ龍馬と並んでキツイと思われます。感情の振れ幅大きすぎて舞台袖でいきなり号泣するというのも、なんとなく分かります。
別名「逃げの小五郎」得意な変装は“ラマ”
なんかラマの頭被って「ギュウウウウウンッ」って鳴いてましたよ?間違っても「キュウウン」じゃありませんでした。しかし、この変装は捨てたもんじゃなく、桂さんの窮地を救っています。
近「なんだラマか。ラマはマチュピチュに帰りなさい」
近藤さん、自分マチュピチュを「ピスタチオ」って言ったアナタそっくりな人知ってます
この桂さんと森崎さんにはちょっとした共通点がございまして。これが桂さんを奮い立たせるキッカケになります。正直この辺から涙腺が…沖田の最期にかけてもう、涙腺が…

もうね、文章がキモいのは諦めて欲しいです。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-26 21:23 | 感想

擬似幕末絵巻るぅざぁしっくす

LOOSER6感想解禁を祝してさっそく…
今回は土方歳三(演:森山栄治)と沖田総司@古高俊太郎(演:佐野大樹)について。
思ってた以上に好きすぎて感想が若干キモいのは仕様です。

・土方さんハゲ萌える。
新撰組内では一番お堅いはずなのに、殿様ゲームに付き合う人の良さ。『鬼の副長』じゃなかったの~?
多分、土方さんを鬼に変えたのは芹沢局長の粛清(この言い方あんまり好きじゃないです)だったんだろうなぁ、と。超絶ネタバレですが、LOOSER6における坂本龍馬の存在は、土方さん自らが坂本龍馬を演じるという狂言になっています。しかし、冒頭で殿様ゲームに興じて(付き合って)た土方さんはこの狂言を思い付いても実行には移さないと思います。芹沢局長の介錯の時にいや~な方向に吹っ切れたというか、首を落としたときにリミッターが外れたというか。
『鬼の副長』は最後、箱館戦争のため五稜郭へ。
この時の土方さんの顔はヤケにサッパリしていて…京都の守護のために鬼になった土方さんを人に戻したのは、悲しいかな自ら切り捨てた山南の言葉や藤堂の存在だったのかと。
あくまで自分の解釈ですがこの土方さんの感情の波がスマッシュヒットしまして、作中では一番好きな役です。
土方さんハゲ燃える。

・ふるたかしゅんたろうだっ
自分的MVPがこの古高俊太郎です。恥ずかしながら元々、新撰組と忠臣蔵がごっちゃになる歴史オンチな自分はLOOSER6を見るまで彼を知りませんでした。ウィキペディアさんで確認したところ、古高が受けた拷問は史実通りのようで読んでて足の甲がムズムズしました…イタイイタイ
wikiでは拷問に耐えかねて口を割ったとのことですが、作中では決して口を割らず、自分を迎えにきた坂本龍馬に池田屋のことを伝え…息絶えます。坂本龍馬に扮した土方歳三の手によって。この時ばかりは
「土方この野郎!!」
と本気でムカついておりました。
古高が命がけで守ろうとした桂小五郎は薩長同盟を結び、自らも後の日本の礎を築いて…見せてあげたかったなぁ、あげたかったなぁ!
古高の最期は物語中盤における最大の泣きどころです。

・バズーカなんて知りません
正直申しますと自分はあまり沖田総司のポジションが好きではありません。歴史上の取り上げられ方等「ヨイショされすぎじゃね?」と捻くれた目で見ておりました。
案の定、見てても感情移入出来ず、常に笑顔の沖田に対し「中二病乙w」と偏見の目で流しておったのでございやす。この見方が一変したのが本当に最後の最期、沖田が結核に倒れる瞬間でした。
「斬らなかったら守れない」
と笑うのは、刀を振るわないと侍としての自分を守れない、病に勝てない自分を隠すためのものだったのかな~と不覚にも都合のいい解釈をしてしまったのでございます。後日書きますが、吉田松陰(森崎)が桂さんを逃がすシーンとこのシーンで涙腺崩壊しました。

思ってた以上に好きすぎて感想が若干キモいのは仕様です(2回目
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-23 17:10 | 感想

るざろく閉幕

LOOSER6千秋楽、お疲れ様でした。
いろいろ思うところもありますが、とりあえず言っておきます。


土方さんハゲ萌える。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-22 22:20 | 雑記

オープンザ図書室

最近ストⅣについてちょこちょこ触れたら
「あんたはアベルだろ」
「フォルテは意外だった」
「お前はその内、アベルたんhshsと言い出す」
と、それぞれ違う知人からアベル押しのメールがきた
確かに、前にも書いたがあんな屈強なガタイのくせに礼儀正しくて、特技は裁縫で犬好きとか最高ですよ。でも、自分の言っているのは純粋にゲームとしての操作性、キャラクターを操作した面白さについて言っているのであって、萌えとか燃えとかそんな話じゃn…あばばばばb

カラダガー
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-19 21:28 | 雑記

黒歴史の地層

そろそろ衣替えということで、長袖のカットソー等を少しずつ圧縮パックを使ってまとめています。あれこれ洋服を出したり入れてると「何でこんなの買ったんだ?」と思う服も多数…主に高校時代の産物です。
中学時代はどこぞの闇の白き狩人たちをインスパイアした感じでしたが、高校時代のは…なんだこれは?

真っ赤&真っ青のワイシャツに黒っぽいネクタイ。
多分ボトムは黒のパンツでコートを合わせてた…当時の自分を殴りたい。おそらくイケメンバンドマン気取りでもしてたんでしょうが、スッピンデブスが何してんだっつー

自室を漁れば漁っただけ闇に滅したい過去が掘り出される…もちろん即ゴミ箱にブチ込みましたが、白衣まで見つけた時は部屋の真ん中で orz ってなりました。リアルに。
ちなみに今は服装こそ(多少は)まともになったと思いますが、厨ニ病は治っていないと自覚しております。


あ、グレイトフルデットの顔合わせイベ、チケット取れました。
参加される方、よろしくお願いします。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-17 20:51 | 雑記

弾けない磯のカオリ

f0027437_2114026.jpg


『青海苔とパセリのココアシフォン』
スゴイ名前でしょう?
でも美味しいんですよ~青海苔が凄くさり気無い。貧血を防止する青海苔、ビタミンAとCが多く含まれたパセリ…をまさかケーキとして食べるとは思わなかったです。
コーヒーは季節のブレンド、いつも飲んでるブレンドより軽めでゴクゴクいけます。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-16 21:01 | 雑記

ゴリラもいなけりゃマヨラーもいない。あとドSもいない。

f0027437_1950723.jpg


昨日、LOOSER6見に行ってきました。
ゆっくり感想をまとめたいので「行ってきた」という事実だけ。
正直、自分は歴史に疎く新撰組と忠臣蔵がよくごっちゃになるんですが、そんな自分でも涙腺が緩むほど入れ込んでしまいました。

もう誰に感情移入すりゃいいんだがオロオロしっぱなしですが、まぁ、あれです。
土方さんハゲ萌える。



頭の中がルチャドールと幕末志士たちで大変なコトになってる。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-14 19:50 | 雑記

クロカワの手帳。

平日は手帳を持ち歩いていません。
というのも、ウチの職場は時代遅れにも程があるくらいタバコくさいので、せっかく気に入って買った手帳が臭くなったらたまらん!と現在はすっかり置き手帳です。
そのせいか今まであまりやらなかった切抜きを張りまくってます。カワイイ雑貨や洋服の写真や職場でとったメモがベタベタと…テープのりとマスキングテープ大活躍。元々、ノートや手帳のページが膨らんでいく様に喜びを感じるタイプなのでこれはこれで良いのかもしれません。眺めてて楽しいので。

掃除した時に雑誌を捨てるのに苦労してから、ファッション雑誌を買わなくなりまして。その代わりお店に置いてある冊子を貰うようになりました。そこから気に入った写真を切り抜いて手帳にペタリです。
ふへへへ。


前回スパ4でエル・フォルテが~とか書いたら知り合いから
「アベルは?(・ω・`)」
と言われました。が、もちろんアベルも好きです。
あんなガタイなのに礼儀正しくてお裁縫が得意で犬好きって最高じゃないですか。
ただアベルはちと使いにくい。
一応、触ってはいるんですよ…友人の家やゲーセンで。週末の午前中、まだ人の少ない時間帯に行って遊びましたさ。対人は怖くて出来ぬ。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-11 19:51 | 雑記

168cmのハリケーン

ここ数日ストⅣのプレイ動画見ているんですが、エル・フォルテが結構好きです。
なんでしょうかね、あの動きが好きです。
声が小野Dと知ってビックリ、でも今までの小野キャラの中では一番好きです。二番目はシルバーです。
ストⅡってあんまり嫌いなキャラいないんですよね。思い入れがあるのはスパⅡに出てた面々なんですが、エル・フォルテ然り、ルーファスやヴァイパーといった新キャラも好きです。スパⅡではキャミィやフェイロンもよく使ってたので参戦したときは嬉しかったー…ちゃんとTホークとディージェイも入って良かった。
ダッドリーも参入したときは笑ったなぁ、同じボクサーなのにバイソンとの差がwww

エル・フォルテはメキシコ人な訳で。
メキシコ=タコスなイメージだったんすが、カフェ・メヒカーノっておいしそうっすねぇ。
黒糖齧りながら飲むっていうのがいいなぁ、と。
[PR]

by inutogeboku | 2011-05-09 22:56 | 雑記