ドラゴン、殲滅

注:ネタバレもあります。

セブンスドラゴン2020クリアしました。
昨日、あまりに寒くて家に篭もっていたので半日かけて終わらせました…ナガイヨウナ ミジカイヨウナ
転職も出来るゲームなんですが、今のスキルで落ち着いちゃったので転職はせず。サムライ(男)+トリックスター(男)+サイキック(女)でラスボス撃破。正直、ラスボス戦よりも道中の壁ドラゴンの方が辛かったですわ。ドラグ系嫌い…クリア後のおまけダンジョンはゆっくり進めるつもりです。

ストーリーは比較的王道を行く感じ。身内の裏切り有り、敵が味方になる演出有り、燃えも備えた思った以上に熱いゲームでした。
DS版未プレイのため比較が出来ませんが、戦闘のバランスも良く、奥義の演出も○です(奥義の演出ナゲーよって声もありますが、EXゲージ溜まらないと使えないので、乱発も出来ないしあれくらいで丁度良いかと)。
個人的に気に入ったのがトリックスターの『狂咲きバッドヘブン』
CV小野Dのトリックスターの

「二次会はあの世でやりな」

が、とてつもなくツボッた。ラスボスにも容赦なくバステが付くのがいい。何もしなくてもガリガリLP(ライフポイント、要はHP)削っていきます。ミヅチ戦はこれで勝ちました。ナンテコッタ!ちなみにラスボス撃破時の勝利セリフ

「しょってるモンがデカいんだよ(うろ覚え)」

も格好良かったです。
何かもう、トリスタに始まりトリスタに終わる勢いですが、ラスボスの二戦目に入る前のムービーで、主人公(リーダーに設定してるキャラ)がラスボスを睨みつけるシーン。ここはサムライ(男)のデフォルト絵で正解だと勝手に思ってます。スゲェ様になってる。2週目やるかは未定ですが、やるとしたらまたサムライ(男)をリーダーにするつもりです。

所謂「異能者」が活躍する現代が舞台の作品では、警察や自衛隊といった組織はほぼ無力に近いです。少なくとも主人公たちには遠く及ばない存在として描かれます。
が、このゲームの魅力はそういった特殊能力を持たない一般人も頑張るところだと思います。銃器を扱える自衛隊はゲーム中何度も主人公たちの属するムラクモ機関と共同戦線を張りますが…ちょっともう、書ききれないんですが、自衛隊のシーンで目頭が熱くなること多々ありました。武器を持たない民間人もそれぞれにドラマがあり、チャプターを進めるごとに話を聞いて回るのも楽しかったです。
最終的に嫌いなキャラクターはいなくなります。
だがエメル、お前はダメだ。なんでお前そうなった?普通で良かったのに…なんか偉そうだし。
ちなみにタケハヤはノーマルのときより、ドラゴン形態の方が好m(ry
[PR]

by inutogeboku | 2013-04-22 16:44 | 感想